Our Blog

日本とカナダの国際線ターミナルはリモートワーカーに優しいか

  • Tomomi Endo

リモートワーカーに欠かせないもの…

やはりネット回線ですね!

東京に戻ってきてから、つくづく東京は公共Wi-Fiが限られているな…と気づかされます。都内だとスタバ、Tully’s、コンビニ、McDonald’s、都バス車内…くらいでしょうか。

旅するリモートワーカーにとって、旅先でネットが繋がらないと旅にも出られません。

今回のカナダ旅行で、日本とカナダの国際線ターミナルでのWi-Fi利用状況について調査してきました。

【羽田国際線ターミナル TIAT Free Wi-Fi → 180分のみ】
エリア → 出発ロビー・出国エリア、PCデスク、待合椅子周辺
方法 → “HANEDA-FREE-WIFI”を選んで、ブラウザを開き、規約を読んで”同意する”をクリック
利点 → 正直、期待せずwi-fiに接続したが、メールアドレスなどを登録するカフェよりも簡単にアクセスできた。しかし180分の時間制限あり

参考:http://www.haneda-airport.jp/inter/en/premises/service/internet.html

【Toronto Pearson International Airport Free Wi-Fi → 時間制限なし】
Toronto Pearson International Airport

エリア: ターミナルビルディング全体
方法 → “Toronto Pearson Wi-Fi”を選んで、ブラウザが自動で開くので”connect”をクリック
利点 → 接続は羽田よりも簡単
欠点 → 写真アップロードスピードが遅い、電波が弱くブログ更新中に途中で切れる
Terminal 1のみ速度アップグレード済み、Terminal 3は現在速度アップグレード中らしく遅い

参考:http://www.torontopearson.com/Mobile/ThingsToDo/FreeWiFi.aspx

【Halifax Stanfield International Airport Free Wi-Fi → 時間制限なし】
Halifax Stanfield International Airport

エリア → Arrival, Departureエリア
方法 → “Halifax_Airport”を選んで、ブラウザを開く、規約リンク横の”connect”をクリック
利点 → 規約リンクはあるが、読まなくても同意するだけでアクセスできる。2年前まではメールアドレスを入れなければWi-Fiに繋がらなかったので、進歩している!
また、30分$4.95 (plus HST税)で3台のみパソコンのレンタルサービスもある
欠点 → ターミナルビルディング全体にwifiが入っているわけではない

参考:http://hiaa.ca/at-the-airport/airport-services/free-wifi/

公共Wi-Fiがセキュリティ面で危惧されている一方、行く先々にWi-Fiがあるのは旅するリモートワーカーにはありがたいこと。

2020年の東京オリンピック。海外からのゲストに、公共Wi-Fiのおもてなしが進むといいな、と個人的に思う今日この頃なのでした。

This is a unique website which will require a more modern browser to work! Please upgrade today!