Our Blog

企業訪問レポート:Jellyfish HR様

  • KAZUYA HIRASAWA

ホーチミン滞在中にJellyfish HR様のオフィスにお伺いし、会社設立の経緯や設立後のエピソードなど、ベトナムで事業を行うことに関してお話をお伺いしました。

Q: まずはじめに御社について教えてください。
A
Jellyfishは日本に本社を持ち、ベトナムでの人材紹介事業としては設立してまだ2年の若い会社ですが、ハノイ、ホーチミン、ハイフォンにオフィスを持ち、今までに様々な日系の企業様に人材の紹介をさせていただいております。
また、企業と人材のマッチングだけにとどまらず、現在は教育分野にも力を入れており、大学や日本語学校の生徒さんたちに対して、日本への留学斡旋、インターンシップ先の紹介などを行っております。

Q: ベトナムでの会社設立の経験から、会社登記をする上で大切なことを教えて下さい。
A
ハノイ、ホーチミンオフィスを立ち上げた経験からお伝えさせてもらうと、ベトナムでの会社設立はパートナーやサポーター、様々な局面で誰と組むかがとても重要になるかと思います。進出にあたりコアビジネスは当然様々なプランをお持ちになっていらっしゃるかと思いますが、その実行には様々な障害があるというのが実際のところです。会社登記で言えば、当局に受理してもらえる申請書類をつくる、オフィスを確保する、申請そのものを予定通りに通す、等々。

日本ではちょっと調べれば簡単にできていたことが、現実的な負担となる点に留意が必要ですね。頑張れば自力でできなくもないですが、そんなに時間も労力もかけられないので、結果的にうまく行かなくてどこかに依頼されるケースが多いです。
個人的にはイニシャルコストとして織り込んだ方が費用対効果、時間労力の観点からも適切だと思います。

IT系の会社設立はそんなにハードルは高くなく外資100%でも会社設立は可能です。しかし、飲食などの店舗を構える場合は現状外資100%は難しく(法改正があり、法制度上は可能ですが、現状はまだ厳しい状況)、現地のパートナーが必要になります。

Q: ベトナムと日本で人材採用の違いに関して教えてください。
A
現在ベトナムは人材の売り手市場で、経済発展に伴い当面は続きます。
また、就業観は欧米由来であることに注意が必要です。
能力が高い人はより就業条件が良い企業に就職しようとする傾向にあります。
給与を重視して転職を繰り返すジョブホッパーの多さは採用リスクとして既進出の企業様からよく言われることですが、多くのベトナム人と話してきた感想から言えば、全体的に報酬第一主義という感じではないですね。

個人の能力の出来不出来はともかく、仕事内容と就業環境に対する給与認識がより厳密なだけだと捉えています。日本だと新人という理由で給与が低めでも「それが普通」ということで通じますが、ベトナム人からすれば「こんな責任あるポジションなのに、若いから、新人だからという理由で低いのはおかしい」となるわけです。

一見すると分不相応に高い要求をしているように見えますが、じっくり掘り下げて聞いてみると、「あぁツボが違うだけなんだな」と感じることも多いです。
言葉の問題で汲み取るのは容易ではないですが、そういう時は自分の英語力を思い出すと良いですね。ネイティブ相手に自分の主張や大事にしている考え方を短期間で正確に伝えることは難しいですよね。もし私が欧米外資の面接に参加したり働いたりしたら、おそらく同じような現象が起きると思います。
雇用者目線で言うとすれば、異文化に対する理解と現実の要求との折り合いをどれだけつけられるかが重要です。

高い給与で雇用しても、それだけだとより優遇される環境に流れることは自明です。
そうやって入ってきたのだから、そうやって出ていくことは至極当然のことですよね。幸いにして、家族主義であったり長期雇用を求める国民性ではあるようなので、「欧米由来ながらウェットである、ただし日本のウェットさとは違う」ということを念頭に置くと、採用・雇用継続の一助になるかと思います。

もちろん企業のステージや業務内容によって変わりはありますが、有効な雇用方法の一つとして、インターンシップ制度の利用をお勧めします
大学の学生たちとインターン生として一緒に仕事することで会社を好きになってもらい、離職率を下げることが可能であると考えています。弊社でも該当者がいますが、在学中の正社員勤務も割と一般的ですので、会社にフィットすればそのまま正社員雇用も可能です。

Q: 最後に一言どうぞ
A
東南アジアの中でベトナム、特にホーチミンは経済発展が著しい場所の一つです。その分、物価や人件費も加速度的に高騰しています。こちらで会社を起こすのはリスクもありますが、変化が大きいところにこそ機会が生まれる。とても面白い挑戦をさせてもらっていると感じています。
ぜひ、みなさんもベトナムに進出していただきたいです。

jellyfish_02

インタビュー回答者(右側)とホーチミン支店ホープ社員(左側)

————————————————
訪問先情報
Jellyfish HR

Ho Chi Minh Office
Address: 4th Floor, Central Park Office Building,117 Nguyen Du, Dist.1, HCMC

URL(VN) : http://www.jellyfishhr.com
URL(JP) : http://jellyfishhr.jp
———————————————-

This is a unique website which will require a more modern browser to work! Please upgrade today!