Our Blog

企業訪問レポート:ES Network Vietnam様

  • WM & Creators

Jellyfish HRの木田様のご紹介により、es network社を訪問させていただきました。ベトナム進出の課題や注意点などのお話を会計並びにコンサルティングの観点からお伺いすることができました

Q: まずはじめに御社について教えてください。
A
ES Networkはホーチミン並びにハノイに拠点を持ち、ベトナム進出を考えている段階のご相談から、実際に進出する際のライセンス取得手続きの代行、本格的にベトナムに進出した際の会計・税務・労務の継続的なサポートをワンストップで行っている会社になります。日本語の話せる現地スタッフを社員として雇用していますので、難解なバックオフィスの部分も日本語で説明することができ、かつベトナム当局とのやりとりもスムーズに行えることが強みです。

Q: Web会社を設立する上で大切なことを教えて下さい。
A
100%の外資出資でIT系企業の現地法人を設立することが今後可能になります。そこで重要になる当局に提出する書類です。
現地法人を設立する上で必要な書類は下記になります。
・登記簿謄本(ベトナム語に翻訳したものが必要になります。)
・資本金(約5万ドルほど)
※資本金は最低でも5万ドルほど資本金として設定しておくといいでしょう。ライセンス取得後に資本金を変更する際手続きが多くとても時間がかかる作業なので、最初から多めに持っておくことをお勧めします。
デポジットではないので、会社設立準備の時に使用しても大丈夫です。
・ライセンス取得
・社印の作成
・法人のTAX CODE
・新聞広告
※ベトナムでは新会社を設立する際、新聞に広告を出す必要があります。
・銀行口座の開設
・事業税の納税(初期登録)

上記の必要書類が揃っている場合、申請後から1.5ヶ月〜2ヶ月で会社の設立が可能です。

Q: ワークパーミットとはなんですか?
A
ワークパーミットとはベトナムでの労働許可書になります。この取得は意外と大変になります。ワークパーミットの取得手順はまず初めに、フリーランスでもいいので日本で5年以上会社で働いているという証明書が必要になります。証明書を持って日本の日本法務局でその証明書が正式な認定証である認証をいただきます。
その時ベトナム語で書かれた書類が必要になります。日本法務局で認定された証明書をベトナムの労働局に申請し後は認可が下りるのを待ちます。
もちろん認可が下りるまで数ヶ月かかることもあるので注意が必要になります。

Q: 最後に一言どうぞ
A
私たちは数々の日本企業のベトナム進出に関わってきた実績があります。ワークパーミットの取得からライセンスの取得など様々なポイントでお手伝いが可能です。
ベトナム進出を考えてる企業様はぜひ一度ご相談ください。日本語対応が可能なスタッフとベトナム現地監査法人や法律事務所などの幅広いネットワークで必ずやサポート可能です。

お忙しい中お話をお聞かせいただき、ありがとうございました!
————————————————
訪問先情報
ES NETWORKS VIETNAM CO., LTD.

Ho Chi Minh Office
Address: :12th Fl., Gemadept Tower, 2Bis-4-6 Le Thanh Ton, Dist. 1, Ho Chi Minh City, Vietnam.

URL : http://www.esnet.com.vn
———————————————-

This is a unique website which will require a more modern browser to work! Please upgrade today!